知っておきたい、就寝時のスマホの影響

寝る前にスマホを使っているという方も多いかもしれませんが、眠る時にスマホを体の近くに置いておくと脳にある影響を及ぼすと言われていますのでご紹介いたします。

スマホにはアラーム機能がありますので、目覚まし代わりに枕元に置いて使っている人もいるかもしれませんが、スマホはメールや電話の電波を送受信しているため、発せられる電磁波が体に影響を及ぼすのだそうです。

海外の研究機関は、スマホの電磁波が不眠症や頭痛、目眩や吐き気などの電磁波障害を及ぼすとのことですし、他にも抑鬱や動悸、耳鳴りや記憶力の低下などの症状が考えられるのだそうです。

今はその症状がなくても、何十年もスマホを使い続けて脳にどのような影響が出るのかはまだ解明されていませんから、普段から電磁波は浴びないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です