スマホはいつ紛失してしまうか分かりませんので、データのバックアップを行っておく事が大切ですよ。

iPhoneを使っているのであれば、iTunesを使う方法とiCloudを使う方法があり、iTunesはパソコンさえあればパソコンレベルの容量をバックアップしておく事ができるのです。

iCloudは、アップルが提供しているクラウドサービスなので、自動的にスマホのバックアップデータを作成してくれると言われていますが、無料版はストレージ容量が5GBまでしか保存しておく事ができないのです。

双方を使い分けて上手にバックアップを取っておくと、何かあった時に安心ですし、バックアップのためのアプリも色々とあるので探してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です