タロット占いについて勉強しようと思っているなら、タロットの基礎について身につける事が大切ですからご紹介いたします。

タロット占いとは、78枚のタロットカードを使って、占いたい事についてタロットカードに質問をしてから、1枚引いて出たカードの意味をリーディングして質問の答えを得るという事なのです。

タロットカードには幾つか種類があり、メインのカードは大アルカナと呼ばれている22枚のカードで、これが出た場合には強い意味になるのだそうです。

78枚ある小アルカナはそこからさらに4つに分類する事ができ、木(ワンド)とお金(ペンタクル)と杯(カップ)と剣(ソード)という元素に分類され、人物が描かれているコートカードも4つの元素に分類する事ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です