数秘術という数字を使う占いについてご紹介いたしますので、ぜひ自分の生年月日で占ってみてはいかがでしょう。

そもそも数秘術とはピタゴラスが創始者で、生年月日を1桁づつバラして、一桁になるまで足していき出た数字から自分自身の事が分かると言われていますが、数字を足す際に二桁の数字のゾロ目なら計算しなくても良いのだそうです。

数秘術で自分が元々持っている数字を知る事によって、自分が元々持っている強みや資質を知る事ができたり、本質や考え方の癖を理解したり、相手からどう見られているかなども分かるのです。

育ってきた環境などによって生きづらかった人も、数秘術で自分自身の事を見つめ直すきっかけとしてオススメですから、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です