手相占いで、もしあったら運勢最強だと言われている手相がありますのでご紹介いたします。

人差し指の下の部分で弧を描くように存在しているソロモンの環という手相は、人差し指の下のあたりは木星丘と呼ばれているため、指導力や統率力と関係していて、強運やカリスマ性があり、人を纏める才能があるのだそうです。

中指の下の部分で弧を描くように存在している土星環という手相は、根気強さや忍耐力を示していて、探求心のある天才が多く持っていると言われていますが、一方で人間関係の面で欠点もあるのだそうです。

小指の下の拇指球にある太陰環という手相は、直観力や発想力やセンスなどに優れていて、この手相を持っている人は自由を望んでいる人が多いのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です