誰の手のひらにある手相を使って手相占いをする事ができますが、東洋と西洋のどちらの占星術なのでしょうか?

手相占いの歴史は諸説ありますが、そもそも紀元前3千年くらいの頃のインダス文明が発祥だと言われていて、古代文明である黄河文明とエジプト文明とギリシャ文明に渡ったのだそうです。

ギリシャからヨーロッパ全域へと伝わり、日本には平安時代に中国から手相占いが伝わったのです。

昔の手相占いは近代の物とは異なり、手相だけでなく顔相も一緒に視ていたという事ですが、近代の手相占いは中国だけでなくイギリスからの西洋の手相占いから強く影響を受けていると言われていますよ。

手相は、線だけでなく丘についても理解しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です